のんびりKiwiライフ

のんびりKiwiライフ

ニュージーランドでワーホリ中。現地での生活や日本との違いを写真とともに紹介していきます。

夏に雪が降る!?ここは南極ですか??~ニュージーランドの夏~

こんにちは、Yujunです。

今回はタイトルにあるように、ニュージーランドの夏について紹介していきます。

12月から夏期間スタート

ニュージーランドは南半球にあるため、夏は12月から始まります。日本ではちょうど冬が始まる頃ですよね。12月から2月まで夏期間となります。

ニュージーランドも日本と同じく南北に長い島国なので、北と南では気候がかなり違います。北ほど暖かくなります。そのため、北島のオークランド周辺は鹿児島に近い気候、南島のクイーンズタウン周辺は北海道に近い気候とよく言われます。

そのため北島にはビーチが多く、南島にはスキー場が多いです。

11月中旬に雪が積もるクイーンズタウン

えっ!?、と思われる方も多いと思いますが、昨年の11月中旬に雪降りました。というより積もりました…。

 

f:id:Yujun3:20190512211659j:plain

雪が降った翌日の朝(11月中旬)

この時期はニュージーランドでは晩春、初夏と言ってもいいような時期です。日本で例えるなら、6月ごろに雪が降るようなものでしょうか?

ただ、この時期に雪が降るのは稀なようで、通常は最高気温20~25度くらいの穏やかな日々が続きます。

ちなみに昨年の11月に、雪が降ったのは2回でした。

隣国(オーストラリア)では記録的な猛暑

これは今年のニュースでよく取り上げられたので、知っている人も多いと思います。

そう、ニュージーランドのお隣、オーストラリアでは今夏、記録的な猛暑に襲われたようです。シドニーで最高気温40℃の日が連発したり、南オーストラリア州アデレードでは観測史上最高の45℃に達するなど、まさに灼熱大陸となった夏でした。

 

一方、ニュージーランドはというとそこまでの暑さではありませんでした。(場所にもよると思います) 私が住んでいたクイーンズタウンでは、最高で30℃、通常は最高気温25℃前後の日々が続きました。

さすがに12月に入ってからは、雪が降ることはありませんでしたが、最低気温が一桁になるくらい寒い日もたまにありました。

1月に初冠雪!?

これには、ほんとビックリしました。まるで北半球と季節が同じではないかと。w

クイーンズタウンは、2000m級のサザンアルプスの山々に囲まれていて、もちろん山のほうが気温が低くなります。が、夏にはこれらの山でも雪は完全に溶けてなくなります。(ちなみに、ニュージーランドの3000m級の山だと基本的に氷河を抱えています。)

12月の初旬には、クイーンズタウンから見えるサザンアルプスの山々も雪が溶けてなくなていました。しかし、1月下旬、とても寒い日があり、街中では冷たい雨が降っていました。雲の切れ間から山が現れると、なんと頂上付近が真っ白に!信じられない光景でした。

 

f:id:Yujun3:20190512211546j:plain

山で雪が降った日(1月下旬)、冬であるはずの東京よりも寒いw

日本で例えるなら8月終わりころに北海道の山々で雪が降るような感じ。笑

私は本州最北端の県出身ですが、奥羽山脈の山々に雪が降るのはさすがに早くても10月頃。富士山や北海道最高峰の大雪山旭岳でも9月中旬~下旬。

どれだけ気候が異常、というか寒いというか…。もはや南極ではないかというレベルです。笑

冬はどうなるの?

冬はまだ経験してないので、詳しくはわかりませんが、クイーンズタウンの近隣にはスキー場が3つあります。なのでスキーのメッカとして賑わうようです。

夏で雪が降るくらい寒いのですから、冬も当然(?)寒くなるだろうと思っています。これから冬になるので、少し楽しみではあります。

まとめ

夏気分で日本から来たので、けっこう服装調節には困りました…。でも、基本は少し暑い程度で過ごしやすいです。

これも誰かの参考になってくれたら幸いです。